1. HOME
  2. ブログ
  3. チャリティイベントの寄贈ご報告

チャリティイベントの寄贈ご報告

柄杓

和文化エクスペリエンス(Wabunka Experiences)にて2020年5月~8月に実施しましたチャリティオンライン坐禅会の寄贈ご報告です。チャリティイベントの活動は、今後も継続して参りますので、引き続きご参加・ご支援の程、宜しくお願い致します。

以下、退蔵院副住職 松山大耕氏によるご報告です。


この度、みなさまからご寄贈いただいた浄財でコシヒカリの新米を300kg購入し、こども宅食プロジェクトに寄贈させていただきました。
仏教には「小善は大悪なり」という言葉があり、私自身は安易な寄付や支援には慎重な立場です。場合によっては、自助の精神を阻害してしまうこともあるからです。
また、お金を寄贈してもどういう使い道をされているのか、わからないケースも多々あるというのも理由のひとつです。しかし、今回のケースについては、元々立場の弱いシングルのご家庭や非正規雇用のご家庭などが夜の街や非正規雇用が多い観光の分野でさらに多大な影響を受け、子供たちが日々食べるものにも困窮するという事態が起こっています。自分たちの努力が足りないとか、工夫すれば何とかなるレベルではありません。
しかも、子供たちには何の罪もありませんし、自分たちでお金を稼げる立場でもありません。衣食住という生活の最低限のものが保証されないのは大変な不安と負担をお感じになっているだろうと思い、今回の寄贈をさせていただいた次第です。
今回は2kgずつ150軒のご家庭に お届けさせていただく予定ですが、 甚だ微力で皆様に行き届くのには全く至りません。 しかし、炊き立ての新米をいただきながら、 少しでも「おいしいね」という笑顔が生まれたならば、 これ以上、私たちにとって喜ばしいことはありません。 チャリティーオンライン坐禅会にご参加くださったみなさん、 温かいサポートをいただきまして誠にありがとうございました。 まだまだ世の中的には予断を許さない状況ですが、 引き続き、私たちも支援をさせていただくと同時に、 一日も早く安心して生活できる日が戻ることを 心より祈念しております。


退蔵院副住職 松山大耕

和文化エクスペリエンスでは、松山大耕氏とともに今後もチャリティ坐禅を継続して参ります。
下記「お申込み・詳細はこちら」より、チャリティ坐禅会のお申込みをいただけますので、引き続きご支援の程、宜しくお願い致します。