1. HOME
  2. ブログ
  3. はじめての書道 – 基本を学んでみましょう

はじめての書道 –
基本を学んでみましょう

書道体験で用いる筆の写真

実際に書道を体験する前に、「書道」の歴史や道具、作法について学んでみましょう。

書道とは

書道体験書道とは、筆と墨を使い、文字で自分自身を表現する、日本の伝統芸術の一つです。書道の歴史は、2000年前から中国で始まり、日本に伝来してから独自の発展を遂げてきました。現在でもその歴史は受け継がれ、日本の多くの学校でも授業の一環として、書道が取り入れられています。パソコンやスマートフォンに向かって文字を”打つ”ことが多くなった今、少し前や学生時代を思い出し、もう一度自分の手で文字を”書く”ことを始めてみませんか。

書道の歴史

書道最古、日本語は独自の書き言葉を持たなかったため、中国語を基に現在の日本語の文字(漢字、ひらがな、カタカナ)が作成されました。日本語の大本である中国語の漢字は5〜6世紀の間、仏教徒により中国から流入し、写経が盛んに行われるようになりました。奈良時代になると、漢字を基にした日本独自の文字である『かな文字』が生まれ、貴族から大衆へと広まっていきました。書の世界では、8〜9世紀頃、嵯峨天皇、空海、橘逸勢が『三筆』と称され、中国の書に忠実な漢字の作品を数多く残しました。10〜11世紀になると、『三蹟』と呼ばれる小野道風、藤原佐理、藤原行成がかな文字を交えた、日本独自の書道のかたちを確立していきました。書道は昔からの伝統を大切にしながら、現在も多種多様に進化を遂げています。

書道の表記

3種類の日本語表記
前述の通り、日本語では3種類の表記を使い分けます。

漢字
【例】阿

中国語の漢字を基に作られた日本独自の漢字表記。それぞれの漢字は絵を元に作られ意味がある。

ひらがな
【例】あ

簡体字*からできた46文字のアルファベット。*簡体字:主に中国本土で使用され簡略化された漢字。

カタカナ
【例】ア

漢字の一部からできた46文字のアルファベット。主に外来語に使用される。

書道の道具

書道体験の道具の写真書道の道具は本格的なものを含めると多く存在しますが、以下のセットがあれば、まずは書道を体験することができます。

  • 筆:様々なサイズと種類があり、用途によって使い分けられる。筆の毛質は馬、羊、やぎ、アライグマ、イタチなどで、幹は 竹、木を使用する
  • 墨液(墨汁):主にすすとのりで作られた筆に浸される黒や朱のインク
  • 半紙:書道専用の薄い和紙
  • 硯:実際に文字を半紙に書くときに使用される墨を入れるためパレット。石で作られていて、水と墨擦りよって墨液を作る際にも使用される
  • 下敷き:ウールでできた2mmの厚さの書道用の下敷き。文字を書いている間、筆の圧から紙を守り、文字を書いている間に机が汚れないようにするための道具。
  • 文鎮:半紙が動かないよう半紙と下敷きの上に置かれる重り

書道の手順

書道を体験する手順は以下の通りです。

1. 姿勢を正す

左手で半紙を押さえる。背中を正し、少し前に姿勢を傾ける。深く息を吸い込み、心を落ち着かせる。

2. 墨をする

墨を三本の指で動かしながら、小さい円を描く。粘り気が出るまでその動作を続け、墨が溶けてきて、粘度が高まってきたら少しずつ、大きな円を描き始める。終了したら、『海』と呼ばれる硯の沈んだ部分に擦った墨液を流し込む。これを2、3回繰り返す。最後に、墨液を広げるために、海の部分に水をたらす。

3. 筆を持つ

本の指(人差し指・中指)で筆の真ん中より少し下を持ちます。親指は人差し指との間に置かれます。他の指は後ろから軽く筆を持つように掴みます。

4. 筆の使い方

Explanation of calligraphy from the teacher / 書道体験において先生からの書道の説明の様子筆は手首だけで動かすのではなく、腕全体を使って動かします。筆を持つ腕は机と平行であり、机の上から離してください。

実際に動画を見てみましょう

書道を楽しんで素敵な1日となりますように…

Calligraphy experience for foreigners by professional artists プロフェッショナルのアーティストによる外国人向けの書道体験書道を楽しむ外国人観光客書道を楽しむ外国人観光客

WABUNKA EXPERIENCEは寺院や神社、庭園などの本格的な場所で、一流師範による書道体験を提供しています。