1. HOME
  2. オンライン体験
  3. オンライン坐禅・瞑想-世界的な禅僧とマインドフルネス体験

オンライン坐禅・瞑想-世界的な禅僧とマインドフルネス体験

京都の寺からライブ配信
世界的な僧侶による坐禅・マインドフルネス体験

欧米では「マインドフルネス」として注目され、感度の高い海外のセレブリティ達も実践している坐禅・瞑想には、普段常に頭を使って思考を巡らせている状態をリセットして、気分を落ち着かせリラックスさせる絶大な効果があるとされています。また、坐禅・瞑想により思考のゴミが取り除かれると、心にゆとりがうまれてインスピレーションを得たり生産性を上げたりする効果もあると、医学的にも有効性が示唆されています。それゆえに、アップル、マイクロソフト、グーグル、ヤフーなど企業の社員研修・福利厚生にも坐禅・瞑想が導入されています。

本オンラインセミナーでは、京都を訪れて現地で坐禅を実践するように、京都のお寺からライブ中継(Zoomを使用したライブセミナー)で、坐禅を体験していただきます。世界的な禅僧、米・スタンフォード大学の客員講師でもあり京都・臨済宗「退蔵院」副住職でもある松山大耕氏と一緒に、スクリーン越しに本格的な坐禅を実践いたします。


オンライン坐禅体験の講師の写真■講師プロフィール
名前:松山 大耕 (まつやま だいこう)
1978 年京都市生まれ。2003年東京大学大学院 農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。日本文化の発信・交流が高く評価され、2009年観光庁Visit Japan大使に任命される。また、2011年より京都市「京都観光おもてなし大使」。2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」に選出され、同年より「日米リーダーシッププログラム」フェローに就任。2018年より米・スタンフォード大客員講師。2019年文化庁長官表彰(文化庁)、重光賞(ボストン日本協会)受賞。
2011年には、日本の禅宗を代表してヴァチカンで前ローマ教皇に謁見、2014年には日本の若手宗教家を代表してダライ・ラマ14世と会談し、世界のさまざまな宗教家・リーダーと交流。また、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に出席するなど、世界各国で宗教の垣根を超えて活動中。

<講演実績>
国内外のさまざまな企業や組織、国際会議で講演実績がある(日本語・英語にて)。シアトルのMicrosoft本社、Yahoo、DocomoといったIT・通信系企業、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、野村證券、Fidelity、Barclaysなどの国内・外資系金融機関、G8やIMF年次総会をはじめとする国際会議、スタンフォード大学、MIT、ワシントン州立大学、東京大学、京都大学、同志社大学など教育機関での講義、TED x Kyotoでのプレゼンなど、幅広く講演活動を行っている。

■プログラムの流れ
20分間 坐禅の意義、やり方など基本の解説
15分間 坐禅の体験(座布団でも椅子でも可能)
10分間 禅の紹介と法話
15分間 質疑応答

料金 企業研修・団体申込:100,000円~
※参加人数と目的にに応じて御見積をいたします。詳細はお問い合わせください。
開催方法 オンライン(Zoomを使用したライブセミナー)
配信場所 退蔵院 京都 妙心寺
対応言語 日本語、英語
企業/団体でのお申込み・お問い合わせ

英語版オンライン坐禅の詳細は、こちらをご覧ください。

オンライン体験名
オンライン坐禅・瞑想-世界的な禅僧とマインドフルネス体験
所要時間
企業研修・団体申込:60分~
対応言語
日本語、英語